ゆうサポ新聞 第5号 出来ました(^◇^) 

寒い日々が 続きますが 皆さん 風邪など 引いていませんか(^◇^)

早や 国造柚子まつりから 一か月がたちました!

おまつりには たくさんの方々いらしてくださいましてありがとうございます!

一日だけとなり どうしても いらっしゃれなかった方々のためにも 

おまつりの様子が よくわかるような新聞に 今回は 出来ました(^◇^)

生産組合の方々は 来年 皆さまに また 喜んでいただける様 

毎日の 地道な活動に戻っています!

どうか 来年まで 応援宜しくお願い致します!

 ゆうサポ5号表10821903_726697487407804_682306721_oゆうサポ5号裏10834257_726697450741141_1520014050_o

第3回 ゆず料理コンテスト 最優秀作品のレシピです(^◇^)

ブログアップ 遅くなりましたが 

おかず部門と スウィーツ&ドリンク部門

最優秀賞の作品をお伝え致しますね!

今回もたくさんの方々のご応募がありました(^◇^)

まず 

☆おかず部門 最優秀賞の前澤 万里子様の作品です!

前澤さんおかずDSC00370


 作品名  能美の幸柚子おこわ

 材料  もち米 2合  ホタテの水煮缶 1缶(45g)  豚バラ(根上産)・・焼き肉用100g  舞茸 50g  赤ピーマン・・30g(1/4個)  丸芋・・50g  ぎんなん(殻をとり酒入り)・・12粒

     ゴマ油・・小さじ1  笹の葉・・18枚  調味料  A (柚子の絞り汁 40cc  蜂蜜 小さじ2杯)   B (鶏がらスープの素 小さじ1杯  酒、しょうゆ 各大匙1杯) 柚子の皮

     二人分 粽6個分

作り方  

   1、もち米は洗い一時間以上浸水し、ざるにあげて水を切る。

   2、豚バラ肉と舞茸は1センチ角、阿多ピーマンと丸芋は5ミリ角に切る。柚子は汁を絞り、皮は薄く剥き針状に切っておく。(小柚子の2個分で汁 40cc)

   3、テフロンのフライパンを熱し、ごま油を薄く敷き豚肉を炒める、調味料のAを加えて煮込み、煮汁がなくなる前に舞茸を入れて煮詰める。

   4、炊飯器にもち米を入れ調味料のBと帆立缶の汁を入れて、おこわの2合の水分量にセットする。(水分量として320ccから340cc位)

     3の豚と舞茸、切った赤ピーマン、丸芋、帆立のほぐし身、柚子の皮の半量を入れて 炊飯のスイッチを入れる。

     炊き上がったら、ぎんなん、残りの柚子の皮を加えて混ぜる。

   5、そのまま、いただいても良いが、煮沸消毒した笹の葉3枚に おにぎりにして包んでイ草で巻いて食べる前に蒸すと笹の香りがついてもっとおいしい。

     冷凍保存もできる。4を耐熱容器に入れてレンジで20分でも調理できる。(一度途中で混ぜる必要はある)

 

作品の特徴 

   おこわに混ぜる具材に柚子の絞り汁を使いました。柚子の皮もしっかりと入れました。ばら肉のしつこさを柚子がおいしさに変えてくれています。

   炊飯器でもち米も簡単に調理できるようになりましたが、なかなか利用できていないようです。「柚子のおこわ」おいしいですよ。

 

次は


☆スウィーツ&ドリンク部門 山本 峰子様の作品です!



甘酒ゆずチャイ
ゆず果汁 1
甘酒 100g
豆乳 200cc
塩麹 小さじ半分
100cc
ゆずパウダーまたはゆずの皮のすりおろし少々

1.
甘酒、豆乳、塩麹を鍋に入れて温める。この時、酵素が生きている状態にしたいので70度以上にしないこと、ゆっくりかき混ぜながら加熱する。
2.
ゆず果汁を加えて混ぜる
3.
ゆずパウダーまたは、ゆずの皮のすりおろしをトッピングする

甘酒の優しい味わいを塩麹が引き立てます。ほんのり香るゆずの香りで、身も心も温まります。


写真ゆずチャイ

コンテストの表彰式(11/16日)


には お忙しい中 表彰式にいらして


くださり 会場の方々への試食分も


持ってきてくださいました。


どちらも 瞬く間に 終ってしまい


大変好評でした!




H26年国造柚子まつり たくさんのご来場ありがとうございます!

今までにない不作の関係で 16日(日)のみとなりました。

ずーと雨が続いてましたが さわやかな秋晴れとなりました 柚子まつり

たくさんの方々が 開始の10時にどっと集まりまして 12時に大きい種ありの木頭が

1時には 多田錦もなくなり 完売御礼となってしまいました・・・。

今年の販売量は 900グラムでした。(ちなみに 昨年は 1.5トンでした)

のみにこブログでも 内容が 詳しく書かれています!


http://nominiko.sblo.jp/article/105790623.html


H (2)

そのあとも お客様が いっぱい いらっしゃいましたが・・・ 柚子を販売出来なかったこと

大変 申し訳ありませんでした。

星稜大学の岸本ゼミの 岸本先生と学生さん達も 応援に駆け付けてくださり

若い方々と一緒での 販売も にぎやかでした(^^♪


10384463_340076616164352_3823392673283232692_n
国造ゆずの製品などを販売している彩屋さんや きまじめやさん

10431441_340080559497291_3190357227796174741_n

 加賀押しずし研究会の押しずし 根上の 丸いも 丸いも汁 奈良漬けの本さん

10346268_340083316163682_7864049702832552004_n10378193_340083262830354_1156435892470319047_n10418461_340083292830351_8075265564061537700_n

能美の野菜などの販売も ありました。

ゆうサポ法人会員のおかしの森さんも 特製ゆずジュースやサンド お菓子などを

販売してくれました。

10688198_340210962817584_3479062718756604472_o

ゆうゆう倶楽部も 柚子果汁や 倶楽部の製品(ゆずポン酢・柚子胡椒・ゆずはちみつシロップ)

を販売しました。

あとから 灯岩そうせい会さん&ジャイストグループが 能美の野菜や お米の

販売にいらっしゃり あまりの安さに長い列が出来ました。


柚子 そして 出店者の皆さん完売御礼になるほど いっぱい 売れ 関係者としましても

とっても嬉しかったです(^◇^)

昨年 二日間も とっても天気が良く 出店者の方々 いっぱい売れたと喜んでくださったのですが

二年続けて わざわざ 出店して下さった方々が 完売になってもらえると ホッとします!(^^)!


昼から 13時からは 第3回ゆず料理コンテストの表彰式と お楽しみの試食タイムです!

10338506_340457999459547_6519608730138167113_o

入賞者の方 お一人づつ 皆さんの前に出てもらい 賞状とご協賛の賞品をお渡ししました(^^♪

この柚子まつりの何週間か前から 電話の問い合わせや取材など そして収穫で

疲れが頂点に達していた 塚田生産組合長さんのお話と

10623615_340457896126224_3928036838344649394_o



講評を述べて下さった 金沢学院大学の管理栄養士の宮丸先生のお話は 心に残りました。


コンテストのご応募の作品は どれも素晴らしかったです!

表彰を受けられた方々にも もっと感想など お聞きしても良かったかなと反省です・・・。

レシピ製作の秘話なども 含めて。


ゆうゆう倶楽部としては 生産組合さんと 一緒に国造ゆずのことを考えるようになって三年目ですが

☆一年目  

柚子まつりに 初めて参加させて頂いて 会場いっぱいに 柚子の香りと

綺麗な黄色い柚子山に感動し もっと たくさんの方々と 分かちあいたいと思いました(^◇^)

第一回の料理コンテストは 一か月ごの12月に 柚子料理(おかず&お菓子&ドリンク)を実際に

持ってきて頂き(サンパークの空き店舗が会場) その日の内に審査と表彰をと考えていたのですが

最初の受付で 失敗し 全部長引き 結局 翌日に表彰式になり 参加者の方々には 

大変ご迷惑をおかけしました・・・。

☆二年目 

国造ゆずのことを もっと勉強して 親しんでもらえたら もっと国造ゆずのファンが増えてくれるんではと

『ゆず大学』を開催しだし 柚子まつりの時にも 一緒に賑やかになるイベントなど 持ってきました。

二日間の開催でしたが 昨年も 晴天に恵まれ 大豊作でもあり たくさんの方々に 国造ゆずを

提供することが出来ました。

第二回ゆず料理コンテストは 柚子まつり一か月前より レシピを募集し 

表彰式を まつりの時に合わせました。

出店者の方は 押しずしなど ゆかりのある方々だけで すぐ 完売してしまいました。

☆三年目の今年は 

二年目も『ゆず大学』は続けて開催し 国造ゆずのことに親しんでもらいながら

パソコンなどされない方々や幅広い年齢層の方々に国造ゆずのファンになって貰いたく

『ゆうサポ』制度を始めて ゆうサポ新聞を発行して

郵送などで 倶楽部のイベントなどをお知らせしたり 会員だけのお得情報をお伝えしました。 

あと 倶楽部のイベントのお手伝いをして頂いて 柚子まつりの時も 本当に助かりました。


不作の関係で 一日だけの開催となり 16日に申し込んでいただいた出店者の方々にいらしてもらいました。

ただ 当初からの開催日の15日にも お客様が いらして 国造ゆずがなくがっかりされるのは

申し訳ないので 前昼祭として 関係者で にぎやかにしていました。

第3回ゆず料理コンテストも 二年目と 同じ様に 開催しました。 全然コンテストというものが

分からないものが やっと三回目を開催出来たのですが 毎回 応募者の方々には 

ご迷惑をおかけして・・・次年度に向けて どうするか 考えなきゃいけない時期に来てる気がします。


昨年度もそうですが 出店でも 食べ物系が少なく いらした方が 食べるものはないの?

近くで ここでしか 食べれない美味しいお店はないの?と よく聞かれました。

駐車場も少ない関係上 回転率は 早くしたいのと 生産組合さんは 柚子をメインにされたいとの

思いもあるので パンなどの軽食を もう少し多くしてもいいのかなとも思いました。

あと いらした方々に ぜひ 能美で 食事をしていって頂きたいので お食事マップを持っていたり

頭にインプットしておかなきゃいけないかなあ・・・・。


日記も兼ねてまして・・・・長々となりましたこと申し訳ございません・・・・。

第三回 ゆず料理コンテストの詳細 レシピなどは 明日以降 書いていきます!

もうしばらく お待ちください(^◇^)




 









 

ギャラリー
  • ゆうサポ新聞 第5号 出来ました(^◇^) 
  • ゆうサポ新聞 第5号 出来ました(^◇^) 
  • 第3回 ゆず料理コンテスト 最優秀作品のレシピです(^◇^)
  • 第3回 ゆず料理コンテスト 最優秀作品のレシピです(^◇^)
  • H26年国造柚子まつり たくさんのご来場ありがとうございます!
  • H26年国造柚子まつり たくさんのご来場ありがとうございます!
  • H26年国造柚子まつり たくさんのご来場ありがとうございます!
  • H26年国造柚子まつり たくさんのご来場ありがとうございます!
  • H26年国造柚子まつり たくさんのご来場ありがとうございます!